大腸癌(上行結腸)ステージⅣを告知された36歳♂が完治目指して頑張ってみるブログです。癌を告知されて約1年が過ぎました。健康体に戻るために頑張っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早くも2週間が経過し、また病院に2泊3日お世話になっている。

今回は主治医のH先生がいらしゃったので、前回の腫瘍マーカー上昇についてと、腹部の痛みについて話し合った。

が、可もなく不可もなく、とりあえず腹部CTを撮ってから考えようという話になった。
次回の抗がん剤治療時なので、今日から2週間後になるみたいだ。

CT撮るのも何回目になるのだろうか?
CTも放射線を被爆するっていうから少し怖いな。

そろそろ気分が悪くなってグロッキー状態になるだろうから、ゆっくり過ごそう。
今のところ先週よりは楽そうだ。
体調もあるんだろうな。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  FC2ランキングへ  人気ブログランキングへ
    応援のクリックをいただけると励みになります  
スポンサーサイト
無事、2泊3日の抗がん剤治療を終え帰宅した。

前回の治療後の気分の悪さから比べれば、今回は比較にならないほど快調といえる。
抗がん剤投与中は食事ができなかったが、なんと今回は帰宅後すぐ食べることができた。

気分の悪さもそんなにないのですごく楽に感じる。

体調次第なのかな?副作用の強さは?
それとも気持ちの持ちようとか?

まあ、この程度であればどうにか耐えられるかな~なんて思ったけど、やっぱり抗がん剤はつらいな。

効果がちゃんと確認できるのならばやり続ける価値があるのだろうけど、効いているのか分からない現在の状況の中では苦しいだけに感じてしまう。

100%信じて抗がん剤治療に臨みたいけど、そう思えていない自分が嫌だったりする。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  FC2ランキングへ  人気ブログランキングへ
    応援のクリックをいただけると励みになります  
昼間の体調は良く、平日の月曜~金曜日は普通に仕事をこなしている。
だが、夜になると相変わらず左のわき腹の痛みが出る。
痛みを感じるとロキソニンという痛み止めを飲んで、なるだけ感じないようにしている。

痛みがあると、考えが後ろ向きになるから、強い痛みを感じたくない。

体調的にはそんな日々で進展もない為、どうにも歯がゆい。
来週の腹部CTが終わらないと何も進まないのか…

最初にも書いたが、仕事は普通にこなせている。
体力は少し落ちたかな?と思う時もあるが、そんなにキレ!?は悪くない。

そしてありがたいのは、会社に迷惑かけ通しの自分にも本日ボーナスが支給されたのだ♪
この不況の折、ボーナスが支給されるだけでもありがたい事だと思う。
ましてはこんな体で休みがちな自分にもだから。

ほんとに会社はありがたい。
どんな事態になろうと会社にしがみついていこう。
そして、仕事で恩返しできるように頑張ろうと改めて思った。

体調の良さをキープして、病気も必ず治すのだ!
これからも家庭を守り、仕事に打ち込むよ!
そう思えた大切な一日だった。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  FC2ランキングへ  人気ブログランキングへ
    応援のクリックをいただけると励みになります  
今日はいつもの2週間置きの抗がん剤治療の予定だったが、気分が乗らず一週間延期してもらった。

腹部CTを撮って腹部のリンパ節に腫れがあることと、腹部CTを撮った際に少し映った肺の下の部分に複数の影が見えるという事が判明した。

腫瘍マーカーの上昇した時から腹部は何かあるだろうと思っていたが肺にまた影って言われても…
なんかそれを聞いた時点で抗がん剤治療はなんだか意味がないんじゃないかと思えた。

今週末と2週間後の週末に子供の行事が入っている事もあったのだが、先生に反抗してみたい気分も合わさって「今週は抗がん剤やらずに来週にしてください」と言ってしまった。
連休を満喫したいって欲も少しあったりして…

そして一番の問題の腹部の痛みは何なのか?
先生の見解ではどうもリンパ節の腫れや腫瘍が左のわき腹付近にあるというわけではなさそうな感じだ。
「ひょっとしたら腸が癒着をしているのかも…」なんて言ってたが、完全に確定した診断というわけではなさそうだ。

自分が「骨転移でしょうか?」と尋ねると、「骨シンチも来週やりますか」と返された。
これで来週は胸部CTと骨シンチ検査のW検査の後に抗がん剤治療というスケジュールになりそうだ。

今日は主治医が不在で別の先生と話したのだが、今後の治療方針も抗がん剤一本って感じぽい。
手術はやらなそうな感触だった。
抗がん剤の種類変更はありそうだ。

これは本格的にセカンドオピニオンを検討しなくてはいけないだろう。
どういう形でも、いい方向に向かいたいから。

腹部の痛みさえなければ健康な人となんら変わらないんだけど…
今後の事と腹部の痛みの事ばかり考えながら帰宅した。

今日の自宅へのお土産は処方してもらった痛み止めとシップってところか。
さみしいお土産だな

気分を変えて楽しく週末を過ごそう!


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  FC2ランキングへ  人気ブログランキングへ
    応援のクリックをいただけると励みになります  
昨日から2泊3日の抗がん剤治療を病院でやっている。

現状報告としては昨日行った胸部CTの結果だろうか?
先週の腹部CT時に指摘された肺の影だが今回の胸部CTで肺の全体を見ると、かなりの数の影といことだ。
原因としてはリンパからの転移だろうとの事。
胸のリンパ節も腫れているらしい。

出てきている症状は前々からある腹部の痛みと、この肺への転移からか咳が出るようになった。
1月の時点ではCT上では消えていた肺の影。
やっぱりCTに映らないだけで小さくなっていただけだったて事だろうな。

腹部の痛みに関しては麻薬を使う事になって処方はされたが昨日、今日の段階では強い痛みがなくまだ使用していない。

ここのところかなり癌細胞の勢いがましているように感じる。
どうにかストップはかけられないのだろうか?
治療法としては抗がん剤を変えてみる事らしいが、それでどこまで好転することやら。
主治医の先生はアービタックスを使ってみようとの事。
奏功して進行が止まればいいのだが…

アービタックスは次回からになるらしい。
なので今回やっているのはFOLFILI+アバスチンだ。

今回病院で受け取った痛みの説明を書いた紙に【緩和医療チーム】って書いてあったのがちょっとグっときた。
ああそんな段階なのか自分は、と。
まあ麻薬を使うのだからそんな段階なのは仕方がないのか。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  FC2ランキングへ  人気ブログランキングへ
    応援のクリックをいただけると励みになります  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。