大腸癌(上行結腸)ステージⅣを告知された36歳♂が完治目指して頑張ってみるブログです。癌を告知されて約1年が過ぎました。健康体に戻るために頑張っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日見たニュースで考えさせられた事、それは携帯電話の事。

石川県の条例で、【小中学生には携帯電話を持たせない保護者の努力義務】というのが提出されたらしい。

石川県に住んでいるわけではないけれど、ウチも小学生の娘が二人いるので、こういう条例?規則?きまり?はいいと思う。
だって一昔前なんて携帯電話など無かったのだから…

自分が学生の頃は夜、女の子の家に電話するのにどれだけ緊張したか!
親が出たらどうしようとか思いながらドキドキしてたのを思い出す。

携帯電話は確かに便利なアイテムではあるけれど、子供が人間形成をしていく上で必ずしも必要な物ではないと思う。

家の固定電話に電話して、そこの家人とお話しするという事も人間形成の上では必要な事のはずだ。

何事も便利だけを追求していくと、人間味がなくなるのではないだろうか?
必ずしも携帯だけが問題ではないというのは分かっている。
でも、一昔前の少し不便だった頃も捨てたものじゃなかったと思える。

自分にも青春時代があったんだなぁ~と フッと思った。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  FC2ランキングへ  人気ブログランキングへ
    応援のクリックをいただけると励みになります  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
賛成です!
私も子供に携帯電話はいらないと思う。。。

たしかに便利でなんかあったときなんかも連絡がとれて安心できたりもするけど、悪影響のほうが多そうですよね。
学校裏サイトなんかで悪口書かれてるのを見てしまったり。
2009/06/17(水) 20:48 | URL | こてつ #-[ 編集]
こてつさんへ
こてつさん、こんばんは。

そうですよね、いらないですよね。
でも高校生ぐらいになったら買ってあげないといけないんでしょうけどね。

子供にはアマアマな親だったりするんですよね。
2009/06/18(木) 20:29 | URL | ダイスケ #-[ 編集]
こんばんは
ダイスケさんよりもっと年上の私、もっと不便な時代に育ちました。

テレビは白黒、洗濯機は幼い頃はありませんでした。電話も個人商店以外はなかったです。それでも生活は成立していたんですよねぇ・・・。

うちは携帯は高校に入ってから持たせました。メールアドレスは高校卒業してからと言う条件付きです。なので息子の携帯は未だに通話しかできません。

今は遊びもゲーム中心が多い。私たちの子どもの頃は何もなかったので、外遊びばかり。かえってそれが懐かしい良い思い出です。
2009/06/18(木) 21:01 | URL | あんぱん母さん #-[ 編集]
反対です。
ダイスケさん、はじめまして。

この条例に対しては私は反対です。
私は地方都市(九州で一番大きな都市)に
住んでいますが、正直言って
小学生の携帯電話は必須アイテムです。
持たせない生活は全く考えられません。

学習塾や習い事への行き帰り、友達との遊び、
その他への安全確保のためです。
GPS機能もかかせません。
母親も働いていれば尚更必要です。

ただWEB機能や友人との通話・メールなどは
全く必要ありませんので、中学卒業までは
通話もメールも肉親とだけ。
サイトへの接続もゲームも全面禁止。
これで我が家はうまく使ってきました。
要は親の管理能力の問題かな…と。

よそのおうちへきちんと電話する経験も
もちろん必要ですよね。
子供の友人関係も把握したいのですし。
この辺りはダイスケさんと同意見です。

ただ「持たせない」というのはあまりにも乱暴だと
ビックリしちゃいました。
石川県で大きな反対運動が起きないのが
不思議でしようがありません。
やはり環境の差なのでしょうか…。

はじめてのコメントがこんなのでゴメンナサイ!
ダイスケさんがブログをはじめられてから
ずっと拝見して応援してきました。
共感できる記事がとても多いのです。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

2009/06/19(金) 08:18 | URL | ゆきえ #Vhcl/aZo[ 編集]
あんぱん母さんへ
あんぱん母さん、こんばんは。

昔やっていた遊びって思い出すと本当に懐かしいですよね。
自分もみんなで外で遊んでましたよ。

子供の携帯の使用も親の管理しだいですね。
2009/06/19(金) 21:14 | URL | ダイスケ #-[ 編集]
ゆきえさんへ
ゆきえさん、はじめましてこんばんは。

そしてコメントありがとうございます。

たしかに「持たせない」って決めつけは良くなかったです。
安全面を優先で考えれば確かに親の管理次第で本当に便利な物だと思います。

ただ、自分が思ったのは、携帯電話がなかった時代でも、塾の迎えには時間通りに行くでしょうし、遊びに行く場所の確認、帰ってくる時間の確認など今以上に密に子供と打ち合わせていたのではないでしょうか?

それに、携帯ですぐ連絡が取れるからと子供を自由に外で行動させ過ぎていないでしょうか?

一概に携帯電話だけが悪いわけではないのは分かっています。
一昔前より治安が悪くなってるのは間違いないので、子供の安全確保は大事ですしね。
2009/06/19(金) 21:25 | URL | ダイスケ #-[ 編集]
ごめんなさい。
ダイスケさんへ

ご気分を害させてしまいました。
本当に申し訳ありません。

送信してから気付いたのですが
ダイスケさんのご意見を批判したかった訳ではなく
石川県の条例の報道をみた驚きを過激に表現してしまいました。
大人気なかったと反省しきりです。
本当にごめんなさい。

私達の子供の頃といえば、
塾といっても同じ町内であったり、
お母様方も専業主婦が多く送り迎えにも
不自由がなかったような億えがありますが
今は働く母親が多く、塾も駅をいくつも隔てた都心であったり。
私自身も自分の仕事の終わりの時間や、塾の授業の状況、
天候によって、子供自身に電車で最寄りの駅まで戻して
駅に迎えにいくのか、塾まで車を走らせるのか
または駅から、さらにバスで帰宅させるのか
安全のためと、一分でも多く睡眠時間を確保させるために
毎日携帯電話を駆使して連絡を取り合っています。
ただこれは我が家と、我が家と似た条件を持つ家庭限定の
条件ですよね。

どんな条例ができようとも、我が家では
親の厳重な管理の下、小学生に携帯を持たせ続けます…と
一言、言えばすむことだったのです。
そしてこの携帯電話という便利な機械に日々助けられて
非常に感謝しつつ便利に使っている親子もいますよ~と
表現したかっただけなのです。
本当にお恥ずかしい。許してください。

ダイスケさんもおっしゃるように、今の時代にも
携帯電話がなければ、事前に綿密に打ち合わせをして
イレギュラーな出来事には、またその条件によって対応して
過ごすはずですよね。そうすれば、うちの小学生の
危機管理能力ももっと上がるでしょう。
何歳になっても困ったことがあると親に電話してくる
子供になっちゃう恐れもありますよね。
デメリットについては深く考えたことがありませんでした。
反省してます。

携帯電話で連絡が取れるからと自由にさせすぎている
ということは、うちではありえません。
むしろ、もう少し自由時間を与えてあげたいくらい。
本当に色々なことに気付かせていただきました。
申し訳ありませんでした。


2009/06/19(金) 22:14 | URL | ゆきえ #Vhcl/aZo[ 編集]
ゆきえさんへ
ゆきえさん、こんにちは。

気分害してなんかいないですよ~。

人それぞれ意見があるのは当然ですから。

自分がこう思ってるんだって事が伝わればいいのかなと思います。

ぜひぜひまたコメントに来てください。
2009/06/20(土) 14:19 | URL | ダイスケ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ganbattemiru.blog75.fc2.com/tb.php/150-a9e2c07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。