大腸癌(上行結腸)ステージⅣを告知された36歳♂が完治目指して頑張ってみるブログです。癌を告知されて約1年が過ぎました。健康体に戻るために頑張っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月19日に初めて下腹部に痛みを自覚。下腹部に張りがある感じ。
実はこれが最初ではないんだけどね。
痛みの自覚症状が出たのがこの日ってだけ。

本当の最初は去年の会社の健康診断での便潜血陽性だと思う。
「大腸の内視鏡検査を受けてください」だったんだけど行かなかった。
コレが一番悪かった。

何の為の健康診断かと健康を軽く考えすぎだったよ。
それを今日思い知る事になった。

 
7月19日の自覚症状から約1ヶ月、下腹部の痛みと張りの症状が出たり出なかったりで過ごしてきた。
とうとう痛みの波が近くなってきたので盆休みの今日、やっと近くの大腸専門の胃腸科医院にかかった。

去年の健康診断で便潜血があったのを受付で申告して診察室へ。
先生は優しそうな感じで柔和な顔で診察開始。
さっそく先生の触診で「すごく張ってるねぇ~」と言われ、すぐ内視鏡検査する事を告げられた。

まあココまでは想定内で何が悪いんだろ?軽い痔かな?なんて思ってた。
浣腸されて大腸内の便をきれいにしてくださいとの事。
最近お腹が張っていてあんまり便が出ていなかったのにそんなに便は出ない?
浣腸もそう効かないんだな~。なんて思ってしまったよ。

カメラIN
相変わらず下腹部は張って痛かったので、カメラ入れられるのも相乗効果だったのか、かなり痛くてつらかった。

カメラがぐんぐん大腸の中を進みかなり奥まで進んだところで先生の言葉が
「うわぁ~あるね~」って。
自分もモニターを見てたけど明らかに大腸の穴が無くなって肉が巻いてる感じ?

先生いわく「腫瘍が出来て腸をふさいでるので、早めに手術して切らないといけない」

ん~?何??なんと???手術とな????
頭の中では?マークがいっぱい。

なんでも腸を塞いでるから、便が通りにくくなってお腹が張ってるらしい。
このままでは食べ物が食べられないとの事。

先生は診察開始時とはまったく違う険しい表情で語ってる。
この時なんかやべ~な~って思ったね。

内視鏡で組織を取って検査は終了。
その後レントゲンみたいなのとって診察は終わり。

「今日にでも大きい病院に入院して早めの手術をしたほうがいい」
との先生の言葉がまた気分を重くさせる。
お~なんてこったい。

それに輪をかけて追い討ちの言葉が受付の人より告げられる。
「今日の診察の状況を先生が直接奥様に説明したいので電話します」
とか言い出した?
わざわざ先生が直接話?なんで?重い病気の告知みたいじゃん?
本人には告げず、家族に伝えるなんて。
たまたま仕事だった妻の携帯電話番号を受付の人に教えてトイレへ。

内視鏡検査後も相変わらず便意があるのでトイレにこもってて、やっとトイレから出たところ、ちょうど先生がウチの奥さんと電話で話していたようだ。

多分ではあるが、診察室横のトイレに自分が居ると知らなかったらしい。
受付前の待合室に居ると思ってたんだろう。

「おそらく大腸癌なのでどうのこうの・・・・」そんな話し声が聞こえてきたんだよね。

あ~やっぱりそうか。癌なのか~。
あの真剣な表情はそうではないかと思ったけどやっぱりね。
なんで聞こえてくるかね~?ピンポイントに。

そして紹介状とレントゲン写真をもらいココの病院をあとにした。
一度自宅へ帰り午後から紹介された大きい病院へ向かうことに。

奥さんも仕事を早退して帰ってきたよ。
ん~顔は普通だな?
癌と聞いたろうに。

続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ganbattemiru.blog75.fc2.com/tb.php/30-b3a0247c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。